1月 18, 2021 15:24 Asia/Tokyo
  • コロナワクチン
    コロナワクチン

シオニスト政権イスラエルの保健省が、新型コロナウイルスワクチンの接種後に13人に顔面麻痺の症状が表れたことを発表しました。

パレスチナ情報センターが17日日曜、伝えたところによりますと、シオニスト政権の保健省は、「新型コロナウイルスワクチンを接種した人の中に、さらに多くの同様の症例が存在すると推測される」と強調しました。

ワクチン接種後に顔面麻痺になったあるイスラエル人は、ヘブライ語)新聞イェディオト・アハロノトに対し、「この症状は28時間続いた」と語っています。

同省は先週、イスラエルの病院に入院する重症の新型コロナウイルス感染者の人数が、これまでで最高の数に達したことを発表しています。

公式統計によれば、イスラエルではこれまでに53万5049人がこのウイルスに感染し、このうち3910人が亡くなっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ