1月 22, 2021 17:30 Asia/Tokyo
  • トランプ氏
    トランプ氏

イラク人法律家が、「トランプ前米大統領の逮捕命令は、国際機関により追求可能である。それは、同氏の行動がイラクの国家主権や国連憲章への侵害とみなされるからである」と語りました。

イラクの通信社アル・マアルーマによりますと、同国の法律家アリ・アッタミーミー氏は「イラク裁判所がトランプ米前大統領に関して発行した逮捕命令に基づけば、トランプ前米国大統領は死刑を宣告される可能性が高い。それは、この人物がテロ組織ISISと闘う指揮官らを暗殺するよう直接命令を出したからである」と述べています。

また、「イラクの検察庁は、特にトランプ氏がホワイトハウスを去った今、国際警察・インターポールを通じてこの犯罪者に対する逮捕令状を執行できる」としました。

イラクでの抵抗組織司令官の暗殺事件の立件責任を負う裁判所は、今月7日にトランプ米大統領の逮捕状を発行しました。

イランイスラム革命防衛隊ゴッズ部隊の故ソレイマーニー司令官および、イラク民兵組織ハシャドアルシャビのアルムハンディス副司令官は、ほか8名の同行者らとともに昨年1月3日、イラク・バグダッド空港付近で、米テロリスト軍の空爆によりテロ暗殺され、殉教しました

タグ