1月 22, 2021 06:02 Asia/Tokyo

イラク・バグダッドにあるイラン大使館が、多数のイラク民間人の殉教者・負傷者を出したバグダッドでの爆弾テロ事件を非難しました。

バグダッド市内中心部で21日木曜正午、2回にわたり自爆テロ事件が発生しました。

公式筋の統計によりますと、これらの事件で35人が死亡したほか、110人が負傷したとされています。

現地のイラン大使館は声明を発表し、「イランはこれまでどおり、イラクの政府と国民に対する支持を強調するとともに、あらゆる支援を提供する用意がある」と表明しています。

さらに、「イラクの治安機関が、早急に今回の事件の首謀者や実行犯を逮捕し、処罰するよう期待する」としました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http request://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ