2月 28, 2021 19:19 Asia/Tokyo
  • サウジでの空港閉鎖
    サウジでの空港閉鎖

あるシンクタンクの代表がツイッターで、激しいミサイル攻撃により、サウジアラビアの複数の空港が閉鎖されたと伝えました。

シンクタンク・国際法および国際関係欧州研究所(EIIR:The European Institute for International Law and International Relations)の代表であるマフムード・レファアト(Mahmoud Refaat)代表は、一連のツイッター投稿において、「一部のニュースが、イエメン政府に付属する勢力による激しいミサイル攻撃により、サウジ各地のリヤド、ナジュラーン、ジーザーン他の空港が閉鎖されたことを伝えている」としました。

サウジアラビアは、民間空港を軍用機の格納庫として使用しています。このことから、国際法ではこれらの空港は軍事標的と見なされることになります。しかしイエメン側の狙いが正確であったため、これまでに民間人の犠牲者は出ていません。

レファアト氏はさらに、「イエメン政府が行ったサウジ国内の戦略的標的への攻撃は、夜間まで続いた。無人機が飛びミサイル数十発が発射されたが、サウジは6発の着弾を防げただけだった。この攻撃は広範囲に及んだにもかかわらず、民間人の犠牲者を一切出さなかった」と説明しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ