3月 03, 2021 21:09 Asia/Tokyo
  • アサド米軍事基地
    アサド米軍事基地

イラクの各抵抗グループに関係がある情報筋は、同国にあるアサド米軍事基地へのロケット弾攻撃により、米兵3人が死亡したことを明らかにしました。

イラクのサーベリン・ニュースのテレグラムチャンネルは、3日水曜、イラク西部アンバール州にあるアサド米軍基地がミサイル攻撃を受け、これにより米軍将校1名と兵士2名が死亡し、遺体が航空機でクウェートにある軍事基地に移送され、さらにそこからドイツ・フランクフルトに運ばれたと報じました。

米軍は、アサド基地にある自らの軍事部署を閉鎖し、監視塔から米軍兵士を引き揚げさせています。

イラクの国営通信は、この攻撃のニュースを認めると共に、アサド基地に10発のミサイルが撃ち込まれたとしています。

イラクのニュースサイト・シャファクニュースは、イラクのある治安関係者の話として、アサド米軍基地に数発のカチューシャ・ミサイルが撃ち込まれたと伝えています。

アメリカ軍は2003年からイラクに駐留しています。

イラクの国民や各グループは、これまで何度も自国からの米軍撤退を求めており、イラク議会も米軍撤収・追放決議案を可決さしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ