4月 29, 2021 17:25 Asia/Tokyo
  • カタール のムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アールサーニ外相
    カタール のムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アールサーニ外相

カタール のムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アールサーニ外相が、「サウジアラビアとしてイランと良好な関係を築きたい」とする、ムハンマド・サウジ皇太子の新たな立場表明を歓迎しました。

アルサーニ外相はツイッター上のメッセージにおいて、イランと良好な関係を築きたいとするサウジ政府の意向に関しての、ムハンマド皇太子の発言を支持するとともに、「国連憲章の実践、各国の国家主権の尊重、そして他国への内政不干渉こそ、文明国の基本原則および、地域や世界での平和と安全の維持に向けた確実な扉だ」と述べています。

ムハンマド皇太子は28日水曜、あるインタビューで、「イランは近隣国であり、サウジとしてイランとの良好な関係を持てるよう望んでいる。そして、これらの関係を確立する方法を見つけるために地域や世界の国々と共に行動している」と語りました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ