May 01, 2021 20:01 Asia/Tokyo
  • バイデン米大統領
    バイデン米大統領

イエメン高等政治評議会のメンバーであるムハンマドアリー・アルフーシ氏は、「バイデン米大統領がイエメンへの侵略の停止、平和樹立に関する表明を行ってから、一切の行動を起こさず100日以上が経過している。このことは、この表明が計画がなく、言葉上だけのものに過ぎなかったことを意味する」と述べました。

ファールス通信によりますと、アルフーシ氏は1日土曜、ツイッター上で、バイデン大統領のこの表明について、「私は、バイデン氏の表明を楽観視してはならないと予測していた」と述べました。

バイデン大統領は、2021年1月の就任後初の議会演説において、イエメン戦争を戦略的な悲劇とし、「イエメン戦争を終結させるつもりだ」と主張しました。

このバイデンの表明から数ヶ月間経過したにも拘らず、サウジラビアが主導するイエメン戦争が停止されるどころか、米はイエメンとサウジの間の戦争捕虜の交換をも妨害しています。

サウジアラビアは、アメリカ、UAEアラブ首長国連邦、その他数か国の支援を得て、2015年3月からイエメンへの軍事侵攻を開始し、同国を全面的に封鎖しています。

この戦争で、イエメンではこれまでに1万7000人以上が死亡、数万人が負傷したほか、約400万人が住む家を失って難民化し、また国内インフラの85%以上が破壊されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ