May 05, 2021 19:00 Asia/Tokyo

シオニスト政権イスラエルの警察が、アメリカで警官が黒人男性ジョージ・フロイドさんを殺害したのと同じ方法で、パレスチナ人青年1人を逮捕しました。

IRIB通信が5日水曜、報じたところによりますと、イスラエルの警察は、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムでパレスチナ人青年1人を、首を膝で押さえつけるという、アメリカで警官が黒人男性ジョージ・フロイドさんに行ったのと同じやり方で逮捕しました。

フロイドさんは昨年、この方法で白人警官の手により殺害されました。

この事件で、警官はアスファルトの路上に伏せたフロイドさんの頚部を膝で圧迫し、「息ができない」「水が欲しい」「殺さないでくれ」とフロイドさんが叫んでいるにもかかわらず、この残虐な行為を続けてフロイドさんを窒息死させました。

シオニスト政権兵士も4日火曜、ヨルダン川西岸の街ナブルス南部でパレスチナ人数十人を逮捕しています。

シオニストらは自身の拡大主義的目標を達成するため、日常的にパレスチナ各地を攻撃し、虚偽の口実によりパレスチナ人を逮捕しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ