May 05, 2021 19:50 Asia/Tokyo
  • イスラエルの消滅
    イスラエルの消滅

シオニスト政権イスラエルに対するパレスチナの抵抗運動・インティファーダを支持する国際会議のアミールアブドッラーヒヤーン事務局長が、イスラエルの消滅は決定的だ、と語りました。

アミールアブドッラーヒヤーン事務局長は、「聖地ベイトルモガッダス・エルサレムはそれほど遠くない将来、解放され、パレスチナの地は再度、この聖地を首都とする統一国家パレスチナの建国を目にするだろう」と語りました。

同事務局長はさらに、イスラム教の断食月・ラマザーン月の最終金曜日が、パレスチナ人との連帯を表明するための「世界ゴッツの日」に制定されていることの重要性やその成果を説明し、「世界ゴッツの日は、パレスチナの各グループにとって、団結や一致の道を歩むための機会をもたらし、団結、占領との闘争、聖地やパレスチナの解放のための暗号となっている」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ