May 12, 2021 18:22 Asia/Tokyo

パレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスが、シオニスト政権イスラエルの攻撃や犯罪への報復として、11日火曜夜、シオニスト政権イスラエルのテルアビブをミサイルで攻撃しました。

イラン国際通信イランプレスによりますと、ハマスの軍事支部は、「テルアビブやその周辺の入植地に130発のミサイルを発射した」としています。

情報筋によれば、この攻撃後、テルアビブ全体や周辺の入植地で警報サイレンが鳴り響かれています。

シオニストは、このハマスのミサイル攻撃に恐怖感を抱いています。

 

ハマス軍事支部の報道官は11日火曜夕方、「シオニスト政権が民間の建物への爆撃を継続すれば、ハマスによるミサイル攻撃はさらに拡大されるだろう」としています。

こうした中、イスラエルの12チャンネルは、報告の中で、パレスチナの抵抗グループのミサイル攻撃に対し、イスラエルのミサイル防衛システム「鉄のドーム」が機能していないことを認めています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ