May 16, 2021 02:49 Asia/Tokyo

シオニスト政権イスラエル軍の戦闘機が、パレスチナ・ガザ地区内にある複数の外国のメディアの支局の入った高層ビルを破壊しました。

パレスチナ情報筋によりますと、この高層ビルには、カタール衛星通信・アルジャジーラ、AP通信、フランス通信などガザ地区関係のニュースを報じる複数の外国のメディアが入居していました。

地元筋の一部によりますと、この高層ビルは完全に破壊されたということです。

これに先立ち、シオニスト政権はこの高層ビルから外国人ジャーナリストを退去させようと、ここを標的とするためこのビルから立ち退くよう警告していました。

アラブ系メディアによりますと、イスラエルは警告を発してから最短時間となる15日土曜、この高層ビルを攻撃したということです。

イスラエル軍戦闘機はこれ以前にも、ガザ地区にある3つの高層ビルを破壊しており、これを受けてガザ地区の抵抗グループがイスラエル占領地内のテルアビブをミサイル攻撃しています。

ガザ地区保健省の最新の統計によりますと、イスラエルのガザ攻撃でこれまでに子ども39人および女性22人を含む139人が殉教、950人が負傷しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ