6月 17, 2021 16:23 Asia/Tokyo

占領下にあるパレスチナの聖地ベイトルモガッダス・エルサレムにおいて、シオニスト政権イスラエル軍がパレスチナ人女性1名を銃撃し、殉教にいたらせました。

レバノンのニュースサイト・アルアヘドによりますと、イスラエル軍は16日水曜、「このパレスチナ人女性は、聖地内でイスラエル兵を襲撃しようとしていた」との主張のもと、この女性に発砲したということです。

目撃者らは、「イスラエル軍は負傷し出血していたこのパレスチナ人女性の救命・手当てを許さなかった。その結果、この女性は外傷による出血多量で殉教した」と語りました。

15日火曜にも、聖地内でシオニストらにより開催された「旗の行進」において、数十人のパレスチナ人が負傷しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ