7月 04, 2021 14:51 Asia/Tokyo
  • アメリカ軍のアフガン駐留の終了
    アメリカ軍のアフガン駐留の終了

アフガニスタン副大統領メディア担当責任者が、同国におけるアメリカ軍の20年間の駐留を、アメリカにとっての歴史的な敗北だったとしました。

タスニーム通信によりますと、ムハンマド・サルヴァル・ダネシュアフガン第2副大統領のメディア担当責任者であるムハンマド・ヘダヤト氏は、ある演説において20年間にわたるアメリカ軍のアフガン駐留に触れ、「アメリカは、アフガンにて自らのスローガンのどれ1つとして達成できずに終わったのみならず、アフガンでのそれらの理念達成をも困難にした」と述べています。

ヘダヤト氏はまた、アフガニスタンでアメリカが残した遺産について説明し、「わが国にとってのこの遺産は明らかに、平和、繁栄、政治的安定ではなく、現在アフガンでは戦争と紛争が激化している」としました。

アフガニスタンでの20年間の軍事駐留の後、米国は2021年9月11日までにアフガニスタンから米軍を撤退させることを発表しました。

米国とその同盟国は、テロとの戦いと安全保障の提供という名目で、2001年にアフガニスタンに侵攻しました。

しかし、こうした占領行為により、アフガンの経済インフラは破壊され、同国では戦争や情勢不安、テロ、麻薬の生産が増大しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ