7月 06, 2021 14:02 Asia/Tokyo
  • レバノンのシーア派組織・ヒズボッラーのナスロッラー事務局長
    レバノンのシーア派組織・ヒズボッラーのナスロッラー事務局長

レバノンのシーア派組織・ヒズボッラーのナスロッラー事務局長が、「テロ組織ISISを生み出した目的のひとつは、パレスチナ問題を忘却させることにあった」と述べました。

ファールス通信によりますと、ナスロッラー事務局長は5日月曜におこなった演説において、「イスラエルが行う侵略行為は、全て米国の侵略と見なすことができる。米国による支配は、特にイラクやシリアといった地域の人々を脅威にさらす、最も危険な要因のひとつと言える。米国の干渉を受けずに自らの事柄に関して決定を下すことは、諸国民の権利である」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ