7月 19, 2021 15:50 Asia/Tokyo
  • 聖地アクサーモスクへのシオニストの襲撃
    聖地アクサーモスクへのシオニストの襲撃

EUが声明の中で、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムにあるアクサーモスクでの煽動行為に触れず、アクサーモスクへのシオニスト入植者の襲撃に懸念を表明すると共に、聖地での緊張緩和を求めました。

18日日曜、入植者400人以上が敵対行為の継続として、シオニスト政権イスラエルの支援を得て、再度アクサーモスクを攻撃しました。

ガザ地区のパレスチナの各抵抗グループは最近、占領者に対し、アクサーモスクへのあらゆる形の攻撃について警告を発し、「アクサーモスクへの襲撃やその境内でのデモ集会は、新たな衝突につながる可能性がある」と発表しました。

80のシオニスト各グループや過激派は、いわゆるソロモン神殿の破壊記念日のアクサーモスク襲撃を求めています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ