7月 22, 2021 19:59 Asia/Tokyo
  • イスラエル刑務所
    イスラエル刑務所

1人のパレスチナ人青年が、シオニスト政権イスラエルの刑務所に拘留されてから数日後に獄中で殉教しました。

パレスチナ・サファー通信が22日木曜、報じたところによりますと、パレスチナ・ヨルダン川西岸にある難民キャンプ出身のパレスチナ人青年アブドゥ・ユセフ・アル・ハティブ・アル・タミミさんは、今月18日にイスラエル軍に逮捕されていました。

パレスチナ当局は、「この青年はマスクビヤ拘置所で殉教した。シオニスト政権とその矯正当局は、このパレスチナ人の殉教に関して全面的に責任がある」と表明しています。

イスラエル警察は、この青年は刑務所内において心臓発作で死亡したと主張しています。

捕虜問題関連機関の発表によりますと、シオニスト政権は現在、39人の女性と155人の子供を含む4,400人のパレスチナ人を拘留しており、これらの被拘禁者のうち500人が行政拘禁であるということです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ