7月 25, 2021 15:42 Asia/Tokyo
  • パレスチナの子ども
    パレスチナの子ども

アメリカのフロリダ州知事が、シオニスト政権イスラエルを支持するため、アイスクリームメーカー「ベン・アンド・ジェリーズ」を罰しようとしています。

米企業のベン・アンド・ジェリーズは先日、シオニスト政権が占領するパレスチナ領土での製品販売中止を発表し、声明で「披占領地パレスチナでの製品販売は当社の価値観に合わない」としました。

そして、「アイスクリーム製造のライセンス契約は来年に期限を迎えるが、これが更新されることはない」と続けました。

ユーロニュースの報道によりますと、フロリダ州のロン・デサンティス知事は、シオニスト政権を断固として支持し、ベン・アンド・ジェリーズ社の製品販売停止措置を非難しました。

デサンティス知事は、「我が州はベン・アンド・ジェリーズ社への州政府投資を引きあげ、同社を罰する意向だ」と表明しています。

1978年創業のベン・アンド・ジェリーズ社は、環境保護や人権擁護などの取り組みで知られています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ