9月 05, 2021 20:16 Asia/Tokyo
  • ICC国際刑事裁判所
    ICC国際刑事裁判所

パレスチナ外務省が、シオニスト政権イスラエルの占領地内での犯罪に関するICC国際刑事裁判所の調査を、迅速化するよう求めました。

パレスチナ外務省は4日土曜夜、声明を発表して、国際社会に対し、パレスチナ・ビーター地域を本来の所有者に返すためにシオニスト用入植地を取り壊すよう、侵略者たるシオニスト政権イスラエルに迫るよう求めました。

この声明ではさらに、ICCおよび同検察局に対しても、この占領者政権や入植地住民の犯罪に関する事実について早急に判断し、その容疑者らを裁判にかけるよう求めました。

そして最後に、「パレスチナ領土に住む人々への敵対的行為を主に行う占領者勢力であるシオニスト政権を抑制するために、同政権閣僚に対し制裁を課すことは、非常に重要である」と強調しました。

ICC検察局は数か月前に、イスラエルによる被占領地パレスチナでの戦争犯罪に関して調査を開始することを発表しています。

オランダ・ハーグにあるICCはこれ以前にも、同機関が国際的な刑事事件を扱う法的機関として、パレスチナでイスラエルが引き起こした戦争犯罪を審理する法的な資格を有するという判断を示しています。このICCの司法見解により、シオニスト政権の反対にもかかわらず、この件に関するさらなる調査の道筋が整えられました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ