9月 06, 2021 16:34 Asia/Tokyo
  • ガザの子ども
    ガザの子ども

ICRC赤十字国際委員会が、「ガザの子どもたちは何年もの間、イスラエル侵略による精神的圧迫を受けながら暮らし続けている」と報告しました。

 パレスチナ・シャハーブ通信が6日月曜、報じたところによりますと、赤十字国際委員会は「ガザ地区の隠れた傷跡」と題した報告を公表し、その中で「10日間続いたこの前の戦争は、近年で最も激しい戦闘のひとつとなったが、その目に見えない結果のひとつに、ガザ地区に住む人々の精神衛生に与えた影響があった。その影響を最も受けたのは子どもたちである」としました。

続けて、「この緊張した状況にある子どもたちへの支援は、血の流れる傷跡を調べたり飲料水を人々に届けるのと同じ様に重要である。なぜなら、この地域の人々はこれまでにも損害を受けることを非常に多く経験してきたからだ」と指摘しました。

報告によれば、ガザの子どもたちはシオニスト政権イスラエルの横暴な攻撃から身を守るため、地下壕に隠れることを強いられているということです。

パレスチナ・ガザ地区は、2006年からシオニスト政権により全面的に封鎖されており、同地区の住民らは多くの困難に直面しています。

聖地ベイトルモガッダス・エルサレムも占領するシオニスト政権は、同地区に人道支援物資を届けることすら禁じています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ