11月 25, 2021 21:51 Asia/Tokyo
  • イエメンの首都への空爆
    イエメンの首都への空爆

各メディアが、サウジアラビア主導のアラブ連合軍が、首都サヌアをはじめとするイエメンの一部地域を空爆した、と報じました。

ロシアのアラビア語のニュースチャンネル・ロシアアルヤウムが伝えたことろによりますと、アラブ連合軍の戦闘機が25日木曜、10回に渡り、首都サヌア、マリブ州、ハッジャ州を爆撃しました。

サウジ主導のアラブ連合軍は、過去24時間でさらに、イエメンのフダイダ州に対し、ミサイル発射や砲撃を行い、118回も同州での停戦に違反しました。

サウジアラビアとその同盟国は、2015年3月から、イエメン戦争を開始し、これによりこれまでにイエメン人数十万人が死傷し、ほか400万人が住み家を失っています。

サウジの軍事的侵略により、イエメンは医薬品や食料の深刻な不足に直面し、インフラの85%以上も破壊されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ