1月 04, 2022 20:10 Asia/Tokyo
  • イラク西部の米軍基地
    イラク西部の米軍基地

イラクの情報筋が、同国西部の米軍基地が無人機攻撃を受けたと報じました。

イラクのアサド基地に対する無人機攻撃は、4機の無人機が自爆する形で行われ、米軍兵士宿舎とミサイル格納庫が標的とされました。

一方、ある有志連合関係者はフランス通信とのインタビューで、「2機の無人機によるアサド基地への攻撃は阻止された」と主張しています。

アサド基地は昨年5月始めにも、複数回にわたりミサイル攻撃の対象とされています。

占領者である米軍は、2003年からイラクに駐留しています。

イラクの国民や各組織は、自国からの米軍撤退を繰り返し求めており、同国議会もすでに、米軍撤退決議を可決しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ