1月 17, 2022 22:14 Asia/Tokyo

イエメン軍のヤフヤ・サリア報道官は、同国軍がアラブ首長国連邦・アブダビの深部で特別軍事作戦を実施したことを発表しました。

ファールス通信によりますと、ヤフヤ・サリア報道官は、この軍事作戦は17日月曜に行われたとしています。

レバノンのアルマヤーディンテレビも、イエメン軍は、無人機20機と弾道ミサイル10発を使って、アラブ首長国連邦の重要な場所を攻撃したと報じました。

同時に、アラブ首長国連邦の情報筋も、同国内で石油輸送トラック3台が爆発し、炎上したと伝えています。

同国の警察の発表によれば、アブダビ空港の増築工事の敷地でも火災が発生しましたが、死者は出ていないということです。

しばらく前にも、同国のドバイにあるジャバルアリー工業地区でも火災が発生しました。

アブダビに対するイエメン軍の軍事作戦を受け、イエメンの政治高等評議会のムハンマド・アルバヒティ氏は、アラブ首長国連邦に対し、緊張を招く行動を続けてはならないと勧告し、「もしそうでなければ、イエメンはUAEの深部を攻撃する以外方法はないだろう」としています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ