1月 20, 2022 20:49 Asia/Tokyo
  • イスラエルによる入植地建設
    イスラエルによる入植地建設

フランス、ドイツ、イタリア、スペインのヨーロッパ4ヶ国の外相らが、被占領地パレスチナにおける入植地の新設というシオニスト政権イスラエルの決定を批判し、国際法への違反であるとしました。

イルナー通信が20日木曜、報じたところによりますと、シオニスト政権当局は今月初め、被占領地で新たに住宅およそ3500棟を建設する計画であると発表しました。

この行動に対し、ヨーロッパ4ヶ国が声明を出し、パレスチナ独立国家の樹立に向けた国際レベルの平和的な努力に触れ、「数千棟の新たな住宅の新設は、地域が抱えている問題を増加させるものである」としています。

シオニスト政権の外務省は、これまでに、この問題に関するコメントを控えています。

世界大国の多くは、被占領地におけるイスラエルの入植地建設を違法かつ国際法への違反であると見なしています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ