1月 26, 2022 21:25 Asia/Tokyo

パレスチナ・ガザ地区にある5世紀のビザンツ帝国時代の教会が、3年の修復期間を経て一般公開されました。

フランス通信が26日水曜、報じたところによりますと、広さ約800平方メートルにも及ぶこの教会と修道院の遺構は、1997年にガザ地区北部ジャバリアで見つかったもので、24日月曜に公開されています。

なお、ガザ地区を実効支配するパレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスは、「兄弟宗教のキリスト教徒」を受容している証しだと表明しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ