1月 27, 2022 20:46 Asia/Tokyo
  • イスラエル刑務所
    イスラエル刑務所

情報筋は、シオニスト政権イスラエルの刑務所に収監されていた、パレスチナ人捕虜1人が殉教したことを明らかにしました。

パレスチナのテレビ、パレスチナのニュースサイト・アルヨウムは27日木曜、「イスラエルのNitzan刑務所に収監されていたパレスチナ人男性ジャミル・アルタミミ氏(63)は不明な状態のまま、殉教した、と報じました。

イスラエルの刑務所の発表によれば、アルタミミ氏は独房の床に倒れたまま遺体で発見されています。

これ以前に、パレスチナ人捕虜クラブは、シオニスト政権のアウファル刑務所で拘留中のパレスチナ人およそ100人がコロナウイルスに感染した、としています。

パレスチナ人捕虜問題に関して活動する各団体は、イスラエルの23箇所の刑務所に女性41人、子供225人、パレスチナ自治政府の職員540人を含むパレスチナ人4850人が拘束されている、としています。

また、27日、パレスチナ情報センターが、シオニスト政権軍は占領下の聖地ベイトルモガッダス・エルサレムにあるバブ・アルアムード地区を襲撃し、パレスチナ人17人の身柄を拘束しました。

26日水曜にも、同軍は同じアルトゥール地区を攻撃し、パレスチナ人14人を拘束しましたが、この襲撃はパレスチナ人若者たちとの衝突に発展しました。

 


ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ