May 16, 2022 16:45 Asia/Tokyo
  • イスラエル軍
    イスラエル軍

シオニスト政権イスラエル軍が再度、ジェニン市を含むパレスチナ・ヨルダン川西岸の一部地域を襲撃しました。

パレスチナの通信社アルヤウムによりますと、シオニスト政権軍は16日月曜、ジェニン市西部の町ヤムンを攻撃し、一部のパレスチナ人の住居を捜査しました。

この報道によれば、今回の攻撃でパレスチナ抵抗グループの戦士らがシオニスト占領軍と衝突しましたが、人的被害は出ていません。

シオニスト軍は、パレスチナ人青年2人を拘束した後、ジェニンから撤退しました。

また、シオニスト政権軍はヨルダン川西岸の他の地域に対し大規模な攻撃を行い、これはパレスチナ人住民との衝突に発展しました。

目撃者によれば、この衝突の中でパレスチナ人数名がイスラエル軍に身柄を拘束された、ということです。

パレスチナ・イスラム聖戦運動のジヤド・ナハレ事務局長は15日日曜、シオニストによるパレスチナ占領という大災厄・ナクバの日に際して表明を行い、「我々は、シオニスト政権を脅迫し、パレスチナ全土で同政権に人的、物的被害を与えることができる」としました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ