6月 25, 2022 17:06 Asia/Tokyo
  • イスラエル軍
    イスラエル軍

パレスチナのメディア筋が、同国ヨルダン川西岸でパレスチナ人少年1名がシオニスト政権イスラエル軍の銃撃を受け殉教した、としました。

パレスチナの通信社アルヤウムによりますと、パレスチナの医療筋は、この少年(16歳)がヨルダン川西岸地区中部ラマッラ市東部の小さな町の出身で、24日金曜夜にイスラエル軍の銃撃を受け、負傷していましたが、25日土曜朝、重傷が原因で殉教したということです。

シオニスト政権軍は25日夜、ヨルダン川西岸での入植地建設に抗議するパレスチナ人のデモを攻撃し、抗議者らと衝突しました。

なお、この中で、131人のパレスチナ人が負傷しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ