7月 06, 2022 17:39 Asia/Tokyo

OPEC石油輸出国機構のムハンマド・バルキンド事務局長が長年に渡る石油産業での活動後、63歳で死去しました。

イルナー通信によりますと、NNPCナイジェリア国営石油公社のメレ・キアリ代表は6日水曜未明、ツイッター上のメッセージの中で、バルキンド事務局長は5日火曜午後11時ごろに亡くなったことを明らかにしました。

現在までのところ、バルキンド事務局長の死因については報告されていません。

バルキンド氏は2016年6月2日に、第23代OPEC事務局長に選出され、6年間に渡り同組織の代表を務めていました。

バルキンド氏は、ロシアの石油に対する制裁は、世界の石油市場に悪影響を与えると強調していました。

なお、今年8月からはバルキンド氏の任期満了に伴い、クウェートのハイサム・ガイス氏が新事務局長に就任することになっています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ