7月 27, 2022 20:05 Asia/Tokyo
  • ドナルド・トランプ前米大統領
    ドナルド・トランプ前米大統領

ドナルド・トランプ前米大統領が、「米国に対する主な脅威は内部から生じ、それにより、旧ソ連やベネズエラ、キューバのような運命を繰り返すことになりかねない」として警告しました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、トランプ氏はワシントンでの講演で、「現在、米国は、犯罪の増加や教育システムの腐敗、官僚主義、高いインフレ、移民の流入など、多くの問題を抱えている」とし、「腐敗した国家組織」による妨害に対抗し、政治活動を継続すると約束しました。

そして「なぜなら、私がこれをしなければ、私たちの国はもう1つのベネズエラまたは旧ソ連となる運命にあるからだ。この方向で私たちは進んでいる。あるいは、すべてが失われ、希望のない非常に大きなキューバになろうとしている」と述べています。

トランプ氏はこれまでに、何度となくジョー・バイデン現政権を批判しており、とりわけ、米国の対ウクライナ政策が核戦争につながるおそれがあると強調しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ