8月 06, 2022 16:00 Asia/Tokyo

ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が5日金曜、ロシア南部ソチで会談しました。

報道各社によりますと、両者はウクライナにおけるロシアの特殊軍事作戦が続く中、トルコが仲介した穀物輸出問題を含め、ウクライナ情勢などを協議しました。

プーチン氏はこの会談冒頭で「あなたの直接の関与と国連の仲介で黒海の港からウクライナ産穀物を供給する問題が解決された」と述べ、謝意を表明しました。

これに対し、エルドアン氏は「トルコとロシアの関係に新たなページを開くことができると信じている」と応じ、両国の関係強化に意欲を示しています。

黒海を挟んでウクライナの戦場と向き合うトルコは緊張緩和に向けた仲裁を目指してきており、停戦交渉に関して言及した可能性も指摘されています。

トルコと国連の仲介努力により、ロシアの特殊軍事作戦で滞っていたウクライナからの穀物輸出は合意に至り、今月1日にウクライナ南部オデッサから最初の貨物船1隻が出発したほか、5日にはオデッサなどから3隻が出航しました。 

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ