8月 11, 2022 16:37 Asia/Tokyo
  • ペロシ米下院議長
    ペロシ米下院議長

ペロシ米下院議長は、台湾問題に関する干渉的な姿勢を崩さず、10日水曜に、ワシントンで開かれた記者会見で、「中国は、台湾をWHO・世界保健機関などの国際機関から締め出している」と主張しました。

イルナー通信が11日木曜伝えたところによりますと、台湾訪問を終えたペロシ氏は、「我々は、中国が台湾を孤立させることは許さない」と述べました。

その上で、「中国は、台湾が国際機関に加盟するのを阻止するかもしれないが、我々の台湾訪問は阻止できない」としました。

米中関係は、今月2日にペロシ氏が台湾を訪問してから新たな段階に入っています。

中国はペロシ氏の訪台に抗議し、内政干渉だとして、対抗措置として台湾周辺で大規模な軍事演習を行いました。

中国は「一つの中国」原則の枠組みで、台湾を自国領土の一部とみなしています。

しかしアメリカは、中国の抗議にもかかわらず、ここ数年、特にバイデン政権になってから台湾への武器供与や独立勢力を支持を強化しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ