8月 13, 2022 15:52 Asia/Tokyo

ヨーロッパ南東部バルカン半島に位置するモンテネグロの現地メディアが12日金曜、同国で集団銃撃により実行犯を含む12人が死亡、6人が負傷したと報じました。

イルナー通信によりますと、モンテネグロ南西部ツェティニェ市の警察はこの銃撃事件に関してコメントしていません。

複数のメディアの報道では、ツェティニェ市民のある男性が家族内の対立の発生後、同地で人々に向けて発砲し、これにより11人が死亡、6人が負傷しました。

この報道ではまた、警察が銃撃犯を射殺し、負傷者のうちの一人は警察だとされています。

モンテネグロはヨーロッパ南東部にあり、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、コソボ、クロアチアと国境を接しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ