8月 14, 2022 16:53 Asia/Tokyo
  • 中国企業5社が米市場から一斉に撤退
    中国企業5社が米市場から一斉に撤退

米中関係が緊迫する中、中国の政府系大企業5社が米国市場から撤退する計画を表明しました。

ペロシ米下院議長による干渉主義的な台湾訪問以降、中台・米中関係の緊張は増しています。ペロシ氏は中国側の再三の抗議・警告にもかかわらず、台湾訪問を行いました。アメリカの新たな対台湾政策は、中国高官の言うところの「『一つの中国』原則への違反」であり、アメリカは本来であればこの原則に基づく台湾関連の中国との合意に忠実でなければなりません。

中国紙・環球時報によりますと、中国のエネルギー大手「ペトロ・チャイナ」は、他4社と共同で声明を発表し、米国市場から撤退すると表明しました。

米中関係の緊張と中国企業に対する米国の厳しい姿勢が続く中での今回の5社の発表は、米中が経済的にも離別しつつあることを示しています。

専門家らは、このような声明の立て続けの発表から、こうした傾向が増えつつあり、中国企業に対し米国政府が容赦ない厳しい姿勢を続けていることで、米国市場がさらに悪化することを示す兆候だとみています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ