9月 01, 2022 20:42 Asia/Tokyo
  • OPEC
    OPEC

OPEC・石油輸出国機構と非加盟産油国で構成するOPECプラスの合同専門委員会は、2023年にも日量30万バレルの供給不足になるとの見通しを示しました。

これはロイター通信が入手した文書によるものです。

それによると、一部加盟国の原油の生産不足により、2023年第4四半期には供給不足が日量180万バレルに拡大する見通しだということです。

こうした中、OECD・経済協力開発機構諸国の石油在庫の速報データは、年内から来年にかけて引き続き5年平均を下回る見通しとだといいます。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ