9月 22, 2022 16:49 Asia/Tokyo
  • プーチン・ロシア大統領
    プーチン・ロシア大統領

ロシア大統領補佐官を歴任したセルゲイ・マルコフ氏が、同国としてイギリスを含む西側諸国に対し核兵器を使う用意があることを明らかにしました。

プーチン・ロシア大統領は21日水曜、事前収録されたあるテレビインタビューで、戦争への参戦経験のある一部の市民を召集し30万人を予備役として動員する部分動員令を発令しました。

プーチン氏はさらに、戦争で核兵器を使用する用意があることに触れ、「これは決してはったりではない」と述べています。

プーチン大統領の補佐官を務めた経験のあるマルコフ氏は部分動員令の発令後、特にイギリスを始めとする西側諸国に対し、「イギリス西部各都市が核兵器による攻撃の標的になるだろう」として警告しました。

さらに、「ウクライナ戦争の責任者はバイデン米大統領、ジョンソン前英首相、トラス現英首相だ」と強調し、「ロシアがウクライナに対し核兵器を使用する理由がないことは至極当然である。だが、ウクライナは西側諸国により占領されており、こうした国々こそがウクライナ兵を奴隷として使ってロシア軍に戦いを挑んでいる」と語りました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ