9月 29, 2022 20:22 Asia/Tokyo
  • 米海軍基地
    米海軍基地

ハワイ州保健局は、基地から汚水を排出したとして、米海軍に880万ドル(約12億7000万円)の罰金を科しました。

米ABCニュースによりますと、ハワイ州保健局は、米海軍による基準値を上回る汚染物質の排出が766件に上ることを確認したということです。汚水は基地内の下水処理施設から2020年1月から今年7月にかけて排出されていました。

保健局のキャスリーン・ホー副局長は、「海軍がしかるべき形で下水処理場を運用・維持できなかったため、公共水域が汚染された」と述べました。

米海軍はこれを受け、保健局が指摘した欠陥の修正など、下水処理場の運用を改善する計画を発表しましたが、基地は現在も稼働しているということです。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ