9月 29, 2022 20:27 Asia/Tokyo
  • ロシアのプーチン大統領
    ロシアのプーチン大統領

ロシアのプーチン大統領が明日30日金曜、ウクライナ東・南部4州を正式にロシアに編入する手続きを行う見通しです。

ロイター通信が29日木曜、英ロンドンから報じたところによりますと、この手続きにより、ウクライナ全土のうちの15%がロシアに編入されることになります。

ペスコフ・ロシア大統領報道官の話では、モスクワ時間30日午後3時(日本時間同午後9時)に式典が開催され、「ロシア連邦への新たな地域の編入に関する合意」が調印されるということです。

この式典に続き、プーチン大統領が演説を行い、ロシアが任命した4州の行政官と会談する予定としています。

ウクライナ東部ドンバス地域に当たるルガンスク、ドネツク、および南部のヘルソン、ザポリージャの各地域のロシア編入を問う住民投票は23日金曜に始まり、27日火曜まで続けられました。

ロシアの公式メディアが、ウクライナ東部ドネツク・ルガンスク両地域の住民投票で、投票者の過半数がロシアへの編入を支持したと報じています。

なお、2014年にはクリミア半島が住民投票により、ロシアに編入されました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ