2016年07月18日21時25分
  • 中国、台湾と関係断絶

中国がはじめて、正式に台湾との経済、文化、政治的関係を断絶したことを認めました。

イルナー通信によりますと、中国国務院台湾事務弁公室の張志軍主任は、中国・北京で17日日曜から開幕した平和フォーラムで、中国と台湾の全面的な関係断絶を発表しました。

張主任はまた、「台湾関係者の行動は地域問題を作り出している」と語りました。

さらに、台湾の蔡英文総統の行動や、経済、政治、文化における関係を停止しようとする努力について警告を発し、「残念ながらこの関係は蔡総統の行動により停止されている」としました。

張主任は、この関係の停止は、台湾海峡で好ましくない変化が起き、危機が高まっているということを意味しているとしました。

中国と台湾の関係は2008年から、国民党の馬英九前総統により強化され、改善され、合意覚書に署名しましたが、蔡総統の就任により、双方の関係は日を追って悪化しています。

タグ

コメント