9月 17, 2016 21:40 Asia/Tokyo
  • 「アメリカの対テロ戦争は見せかけ」

アメリカ海軍の元軍人が、「中東地域で活動している様々なテログループはアメリカやイスラエルの傭兵であり、地域でのアメリカの対テロ戦争は見せかけの戦争にすぎない」と述べました。

現在平和活動を行っている元軍人のケン・オキーフ氏は、プレスTVのインタビューで、アメリカを信用できない相手だとし、「ロシアとその他の国がアメリカと対テロ戦争で協力を行うことをどのように受け入れたのか分からない」と述べました。

また、「アメリカ政府は、常に世界支配を考えており、自らの目的を推進するため、アルカイダやヌスラ戦線、ISISといったテログループを使用している。彼らはサウジアラビアやカタールといったアメリカの同盟国が雇い入れている傭兵であり、彼らを対テロ戦争に利用している。そうした戦いは根拠のない偽りの下地に基づいて形成されている」と語りました。

さらに、「実際、中東でとられている政策は、対テロ戦争とは全く関係がないばかりか、民族の分裂やテロを広める政策が直接もたらした結果だ」としました。

オキーフ氏は、「アルカイダ、ヌスラ戦線、ISISといったテログループがイスラエルを全く攻撃しないという事実、イスラエルが負傷したテロリストを治療していること、そしてシオニスト政権のネタニヤフ首相が負傷したテロリストと写真撮影を行っているという問題は、アメリカとイスラエルが自身で育成したテロリストに近いことを示している」と語っていました。

タグ