1月 18, 2017 19:46 Asia/Tokyo
  • アメリカとアフガニスタンの安全保障協定は、アフガニスタンにとって損害

アフガニスタンの戦略研究センターのアミン所長が、アフガニスタンとアメリカの間の安全保障協定の締結は、アフガニスタンの安全により効果をもたらすどころか、情勢不安を拡大しているとしました。

アフガニスタンのアーワ通信によりますと、アミン所長は17日火曜、アフガニスタンの首都カーブルで、「アフガン人の多くは、アメリカとの安全保障協定の締結は誤りで、自国の損害になるとしている」と語りました。

同所長はまた、「アフガニスタンの人々は戦争に疲れており、平和の確立を求めている。国民の68%は、アメリカが主導する多国籍軍の駐留により、一部のグループが和平交渉に反対していると考えている」と述べました。

タグ