2017年02月18日20時05分
  • 数十万人のシリア難民が、緊急支援を必要

国連難民高等弁務官事務所が、「85万人以上のシリア難民が、緊急支援を必要としている」と語りました。

スカイニュース・アラビア語によりますと、国連難民高等弁務官事務所は、「これまでに、レバノンでのシリア難民危機対策計画に向け、11億2000万ドルが充当されている」と表明しています。

この国際機関は、ユニセフや世界食糧計画とともに、昨年におけるシリア難民の状況を調査し、難民の3分の1以上が食糧危機に見舞われているとしています。

シリア危機は2011年、サウジアラビアやアメリカ、そしてこれらに同盟するトルコなどの支援を受けたテロリストが、シリアのアサド政権の転覆を目的に同国を攻撃したことにより勃発しました。

この危機で、これまでに数百万人が難民となったほか、数十万人が死傷しています。

タグ

コメント