3月 21, 2017 18:15 Asia/Tokyo
  • ハフィントンポスト、「サウジは世界でテロを支援」

アメリカのインターネット新聞、ハフィントンポストが、「サウジアラビアとワッハーブ派が世界での真のテロリズム支援者だ」と伝えました。

ハフィントンポストによりますと、アメリカ国務省がテロ組織のリストに入れている61のグループは、その多くがワッハーブ派やサウジの支援下にある、ということです。

さらに、「サウジアラビアはISISやヌスラ戦線などの過激派テログループを資金や軍事面で支援しており、罪のない人々の殺害において重要な役割を果たしている」としました。

また、「アメリカは侵略的、拡張主義的な政策、さらには明らかにテロを支援している政府への支援を停止すべきだ」としました。

ハフィントンポストは、「過激派テログループの抑制やその完全な殲滅に向けたサウジの偽りの努力は、アメリカの評価を受けるべきではない。テロを密かに支援している国々に厳しい対応をとるべきだ」としています。

タグ