3月 31, 2017 19:31 Asia/Tokyo
  • アメリカ大統領、貿易赤字の原因調査を要請

アメリカのトランプ大統領が、アメリカの貿易赤字の原因の特定を求めました。

フランス通信によりますと、このトランプ大統領の指示は、30日木曜に出され、中国を標的にしています。

ロス商務長官は、アメリカの貿易赤字の原因に関して調査し、その結果を90日以内にトランプ大統領に提出することになっています。

ロス商務長官は、この報告は政府の決定のための基準として考慮されることになるとしました。

また、「中国、日本、ドイツ、メキシコ、インド、フランス、スイスなど、12カ国がその原因とされる見込みだ」と述べました。

 

タグ