2017年05月18日21時50分
  • アメリカ・星条旗新聞、「アフガンにアメリカ軍5万人を派兵する可能性あり」

アメリカ国防省が運営する星条旗新聞(スターズ&ストライプス)が、「先月、アメリカ大統領府で承認された新たな戦略により、アメリカ軍当局はアフガニスタンへの5万人の兵士の派遣を要請した」と報じました。

星条旗新聞によりますと、アメリカ情報機関の機密報告では、トランプ大統領は先月、アフガニスタンにおける安全保障面での行き詰まりを打開するための、アメリカ政府の新たな戦略を承認したということです。

アメリカ軍の上層幹部らは、アフガニスタン政府の救済と、タリバンの戦局面での進軍を阻止するため、5万人のアメリカ兵のアフガン派兵を要請しています。

アメリカの安全保障当局の一部は、こうした情報面での査定が去る4月に、アフガニスタンでの戦略的な目的の達成に必要な軍の数を算出するために行われたと語っており、NSAアメリカ国家安全保障局がこの査定内容を承認し、トランプ大統領のゴーサインが出た場合には、5万人以上のアメリカ軍がアフガニスタンに派遣される、としています。

アメリカのマクマスター国家安全保障担当大統領補佐官は、この計画を実施するため、アメリカ国家安全保障評議会と大統領府において、盛んにロビー活動を行っています。

西側諸国のメディアもこの数週間にわたり、およそ3000人から5000人のアメリカ兵がアフガニスタンに派兵されると報じてきましたが、この計画に関してトランプ大統領は、これまで最終決定を発表していません。

タグ

コメント