6月 25, 2017 18:23 Asia/Tokyo
  • 米政治アナリスト、「アメリカの対シリア攻撃は、国連憲章への違反」

アメリカの緑党議員のホーニグ氏が、「アメリカは、度重なるシリアへの軍事侵略により、国連憲章や国際刑事裁判所の規約に違反している」と語りました。

ホーニグ氏は、プレスTVのインタビューで、最近のアメリカによるシリア軍への攻撃を非難し、これを違法だとしたアメリカのティム・ケイン議員の声明に触れ、「アメリカはこの数ヶ月で、少なくとも4回にわたりシリア政府軍を攻撃した」と述べています。

アメリカ国防総省は、「2001年のアメリカ同時多発テロ後に可決され、アメリカ軍のイラク・アフガニスタン駐留につながった、テロリストに対する軍事力行使の許可令・AUMF (Authorization for the Use of Military Force request, 軍事力行使のための権限要求)に基づき、シリアを攻撃する権限を有している」と表明しています。

ホーニグ氏はまた、「ブッシュ・オバマ両元アメリカ大統領も、この法律をいわゆる対テロ戦争への正当な手段としている」と語りました。

さらに、「アメリカの脅威とならない国への攻撃は違法である」としています。

タグ