8月 28, 2017 21:05 Asia/Tokyo
  • アメリカとパキスタン
    アメリカとパキスタン

パキスタンのハジ・アセフ外務大臣が、パキスタンは、アメリカとの同盟関係により多くの損害を蒙ったとしました。

イルナー通信によりますと、ハジ・アセフ大臣は、アメリカとパキスタンの関係に関する最近の表明の中で、「アメリカは、アフガニスタン戦争の敗北の責任をパキスタンに転換してはならなず、パキスタンに対する根拠のない邪推を止めるべきだ」と語りました。

ハジ・アセフ大臣

 

また、パキスタンがテロリストを支援しているとするアメリカのトランプ大統領の最近の主張は、不快なものであるとし、「パキスタンの20万人の兵士がテロ対策に取り組んでおり、またこの道において、彼らのうち数千人の兵士が命を落としている」と述べました。

トランプ大統領が先週、テロ支援で明らかにパキスタンを非難してから、パキスタンとアメリカの関係における緊張が高まっており、パキスタンの政府関係者や世論の間で反米感情が高まっています。

タグ