2017年11月06日01時01分
  • アメリカ軍戦闘機
    アメリカ軍戦闘機

アフガニスタン北部で、アメリカの戦闘機の攻撃により、新たに民間人13人が死亡しました。

アメリカの新聞ニューヨークタイムズによりますと、アメリカ軍戦闘機は、アフガニスタン北東部・クンドゥズ州で、タリバンの勢力を標的にしたと発表されています。

2015年11月、アメリカ軍のクンドゥズにある国際NGO国境なき医師団が運営する病院への攻撃

 

2015年11月にも、アメリカ軍はクンドゥズにある国際NGO国境なき医師団が運営する病院を攻撃し、この犯罪により、患者や医師を含む42人が死亡、他数十人が負傷しました。

公式な報告によりますと、アメリカの対アフガニスタン新戦略が発表されてから、アフガニスタンにおけるアメリカ軍の空爆は2倍以上に増加しています。

アメリカのトランプ大統領は、今年8月21日、対アフガニスタン新戦略を発表し、「新たに兵士4000人以上をアフガニスタンに増派する」と語りました。

現在、アフガニスタンには、アメリカ兵1万人を含む多国籍軍1万3000人が駐留しています。

アメリカとその同盟国は、2001年、テロ対策や安全の確立を口実にアフガニスタンを攻撃したものの、現在までに、アフガニスタンでの情勢不安、テロ、麻薬の生産は、大幅に増加しています。

 

タグ

コメント