11月 11, 2017 18:44 Asia/Tokyo
  • 中国の習近平国家主席
    中国の習近平国家主席

中国の習近平国家主席が、ベトナムで行われたAPEC・アジア太平洋経済協力会議の首脳会合で、貿易体制の多国化を強調しました。

習国家主席は、10日金曜にこの会合で行った演説の中で、貿易のバランスを取る政策を実施するとともに、一方的な傾向に対抗するよう求めました。

習国家主席の貿易体制の多国化への強調は、トランプ大統領の保護主義政策とは真逆のものです。

日本の安倍首相と韓国のムン・ジェイン大統領は、この会合の演説の中で、貿易の自由化を求めました。

APEC・アジア太平洋経済協力会議の首脳会合

日本、ロシア、アメリカ、ベトナム、フィリピン、韓国、ペルー、シンガポール、オーストラリア、香港、タイ、中国、台湾、マレーシア、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、チリ、インドネシア、パプアニューギニア、ブルネイの21の国や地域が、APECに参加しています。

この21の国や地域の人口は世界全体の39%、国際貿易は48%、GDP国内総生産の59%を占めています。

 

タグ