2017年12月09日19時09分
  • シェルドン・アデルソン氏(左)、ネタニヤフ首相
    シェルドン・アデルソン氏(左)、ネタニヤフ首相

シオニスト政権イスラエルを支持するアメリカの大富豪が、在イスラエル・米大使館をテルアビから聖地ベイトルモガッダス・エルサレムに移転する見返りとして、トランプ大統領の選挙事務所に2000万ドルの賄賂を贈ったことが明らかになりました。

ニューヨーク・タイムズ紙によりますと、シオニスト政権を支持するアメリカの実業家シェルドン・アデルソン氏は、イスラエル・テルアビブにあるアメリカ大使館を聖地ベイトルモガッダスに移転するという約束の見返りとして、2016年のアメリカ大統領選挙の際、トランプ大統領の選挙事務所に2000万ドルを寄付しました。

アデルソン氏は、シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相と密接な関係にあり、アメリカの共和党員に影響を及ぼし、シオニスト政権の目的を達成させるために自分のカジノの収入や財産を利用していると言われています。

シェルドン・アデルソン氏(右)

トランプ大統領は、地域や国際社会の大規模な反対にも拘らず、6日水曜、聖地ベイトルモガッダスをイスラエルの首都として正式に認定しました。

また、アメリカ国務省に対しても、現在テルアビブにあるアメリカ大使館をベイトルモガッダスに移転させる準備を整えるよう求めています。

国際機関や世界の多くの国は、トランプ大統領の今回の行動を非難しています。

ベイトルモガッダスは、1967年以来イスラエルに占領されています。

タグ

コメント