3月 09, 2018 16:50 Asia/Tokyo
  • アメリカ国防次官、「アメリカのミサイル防衛システムは役に立たない」

アメリカのジョン・ルード政策担当国防次官が、「アメリカのミサイル防衛システムは老朽化し、もはや役には立たない」と語りました。

ファールス通信によりますと、ジョン・ルード次官は8日木曜、アメリカの政治家らを前に会見し、イランのミサイル計画に対抗すべきだと述べています。

ルード次官の話によれば、アメリカの潜在的な敵が現在、核の能力や通常兵器を強化していることから、アメリカの優位性が失われつつあるというとです。

 アメリカ軍の核戦略やミサイル防衛を担当する戦略軍のジョン・ハイテン司令官も、この会見で、「アメリカは引き続き、東ヨーロッパやロシアとの国境付近にミサイル防衛システムを配備していく」と語りました。

タグ

コメント